WASH LIFE

MENU

HOME > 洗濯の基本 > スポーツウェアの嫌な臭いを防ぐ3つのコツ

洗濯の基本

2018年4月10日

スポーツウェアの嫌な臭いを防ぐ3つのコツ

  • facebook
  • ツイート
  • メールで送る

マラソンブームに火が付き、それに伴ってスポーツウェアも機能性やデザイン性が高いモノなど、さまざまな製品が発売されています。お気に入りのスポーツウェアで運動をすると、モチベーションも上がりますよね。

一方で、せっかくお気に入りなのに、汗の臭いが落ちなくて困っているという方もいるはず。。こで今回は、スポーツウェアの嫌な臭いを防ぐコツをご紹介します。

嫌な臭いの原因は?

洗濯物の嫌な臭いの原因の多くが、汗や皮脂をエサにする雑菌の繁殖です。また、雑菌は湿度の高い場所を好むため、汗で濡れたスポーツウェアや生乾きの洗濯物は特に嫌な臭いが発生しやすいとも言えます。

スポーツウェアの臭い対策3つのコツ

使用後にそのまま放置しない

忙しいときや面倒なときは、スポーツウェアをバックに入れたままだったり、洗濯カゴに入れたまま放置したりすることもありますよね。ですが、その放置こそが嫌な臭いの原因になることも。

湿った洗濯物を放置すればするほど、臭いを発生させている雑菌が繁殖します。可能であれば、スポーツウェアを使用する度に洗濯するのが理想ですが、無理な場合はハンガーに吊るすなどして干しておきましょう。

浸け置き洗いをする

汗がしみ込んだスポーツウェアは普通に洗濯していても、臭いが残ることもあります。そこでおすすめなのが、浸け置き洗い。下記では浸けおき洗いの方法をご紹介します。浸け置き洗いと聞くと、少し手間がかかりそうに思いますが、案外ラクにできるので、ぜひやってみてください。

浸け置き洗いの方法

用意するモノ

・酸素系の衣類用洗剤
・洗面桶などの容器
・40℃程度のぬるま湯
・ゴム手袋(手の荒れが気になる方)

手順

1. 容器にぬるま湯と洗剤を入れ、スポーツウェアを30分程度浸けておく
2. 容器に入れたぬるま湯と洗剤、スポーツウェアをそのまま洗濯機に入れ洗濯する

浸けおき洗いは、ぬるま湯と洗剤を入れた容器にスポーツウェアを入れるだけの2ステップでOK。その後は、他の衣類と一緒に洗濯機で洗えるので手間いらずです!

コインランドリーもおすすすめ

「浸けおき洗いがどうしても面倒」、「忙しくて時間がない」という方は、高温風機能が付いたコインランドリーを活用するのがおすすめです。

コインランドリーを活用するメリットは大きく3つ。まずは、高温で乾燥させることによってスポーツウェアが臭くなる原因のひとつである雑菌の繁殖を防げます。

つぎに、大量の洗濯物を短い時間で洗濯できることです。コインランドリーにある乾燥機のパワーは、家庭用の乾燥機と比較すると約10倍になるのだとか。

また、コインランドリーは夜遅くまで営業しているところも多いため、忙しい方にはありがたい存在です。スポーツウェアだけでなく、他の衣類もまとめて洗濯するとお得になることもあるので、「洗濯は1週間に一度まとめて行う」という方にもおすすめ。

最後に、運動の際に使用するタオルなどの仕上がりがふわふわになることです。コインランドリーの乾燥機は、大きなドラム式のため、洗濯物にムラなく温風が当たるようになっています。そのため、家庭用の洗濯機に比べると洗濯物が早く乾かき、シワもなく、ふっくらと仕上げることができるのです。

まとめ

マラソンブームなど、プライベートで積極的に運動をする方が多くなっています。そのなかで、スポーツウェアもさまざまな製品が展開されており、お気に入りのウェアを集めている方も多いのではないでしょうか。ぜひ、そのお手入れ方法をマスターしてより楽しいスポーツライフを送ってください。