WASH LIFE

MENU

HOME > 洗濯の基本 > ダウンジャケットは自宅で洗えるの? 気になる洗濯方法と洗い方を徹底解説

洗濯の基本

2020年3月21日

ダウンジャケットは自宅で洗えるの? 気になる洗濯方法と洗い方を徹底解説

  • facebook
  • ツイート
  • メールで送る

寒い冬に重宝するダウンジャケット。ファッションの流行りなど関係なく、長い間使えるので、きちんとお手入れしておきたいですよね。

みなさんは、どのように洗濯していますか? もしかしたら、ダウンジャケットは、クリーニングに出さないとダメだと思っている方もいるのではないでしょうか?

でも、お手持ちのダウンジャケットによってはクリーニングに出さなくても大丈夫。自宅やコインランドリーでお手軽に洗濯できます。

今回は、クリーニング以外でダウンジャケットをお手入れする際の「洗濯方法」をご紹介します。

ダウンジャケットは自宅で洗える?

ダウンジャケットは自宅で洗うことができます。

しかし、種類によっては洗えないダウンジャケットもあるので、必ず洗濯の取扱い絵表示を確認しましょう。

取扱い絵表示を確認して、水洗い不可のマークがなければ、自宅やコインランドリーでの洗濯ができます。

ダウンジャケットの表地が綿やポリエステルやナイロンのモノであれば、自宅で水洗いできるモノも多いです。

一方、裏地にウールやレザーが使用されたダウンジャケットは自宅で洗濯するのが難しいので、クリーニング店に任せるのが無難でしょう。

以下の表示がついているものは、家で洗うことができます。
※表記されている数字が異なったりしますが、温度による違いなので家で洗うことに変わりはありません。

ダウンジャケットの洗濯を洗濯するときのポイント

・洗濯機を回す前に予洗いをしてみよう

袖や裾など、汚れが強い部分は、ダウンジャケットを洗濯する前に手洗いで“予洗い”をしてみるのもおすすめです。

用意するもの
・40度程度のお湯
・お湯を張る入れもの
・おしゃれ着用洗剤(洗濯石鹸など)
・洗濯ネット
・タオル(場合による)

予洗いの仕方
▼襟・袖の汚れが目立つ部分には、あらかじめ液体洗剤の原液につける
▼汚れた部分は手(またはスポンジ)で優しく擦るくらいが丁度よいです。

ダウンジャケットを自宅で洗濯する方法

冬物のアウターは、クリーニン代が気になる。そこでダウンジャケットを自宅で洗う方法を解説していきます。
洗濯機で洗う場合と、手洗いする方法の2通りで解説していきます!

【洗濯機で洗う場合】

用意するモノ
・洗濯用ネット
・大きめのタオル(洗濯槽の大きさに対して洗濯物の数が少ない場合)
※ダウンジャケットは空気を含みやすいため、水に浮いてしまう可能性があります。そのため、他の洗濯物と一緒に洗ってください。単体で洗うと、脱水バランスが取れずに、うまく脱水までいけない恐れがあります。
・おしゃれ着用の中性洗剤

手順
1.ダウンジャケットのチャックやボタンを閉め、フードなどを外し洗濯用ネットに入れる
2.ダウンジャケットを洗面ボウルの中で水につけ、ある程度水を吸わせておく
※洗濯槽の中で浮いてこないようにしましょう。
3.洗濯機のドライモードや手洗いモードで洗濯する
4.すすぎまで完了させたら30秒だけ脱水にかけ、ダウンジャケットを取り出し、手でほぐす。これを3回ほど繰り返す(羽毛が固まらないようにするのが大切です)
5.脱水完了後は、ダウンの中に空気を入れるため、乾燥機に生乾き状態までかけて、あとは日陰干しする。

【手洗いをする場合】

用意するモノ
・おしゃれ着用の中性洗剤
・スポンジ(汚れがひどい場合に使用)

手順
1.襟元や袖口の汚れがひどい場合は、洗剤を含ませたスポンジで軽く直塗り。
2.洗う前にファスナーやチャック、ボタンは閉まる。
3.襟口や袖口など汚れが目立つ部分が外側になるようにたたむ。
4.洗濯機に水を張って、洗剤を入れる。
5.ダウンジャケットを入れて、水中に押し込む。
※浮き上がってこないように何度も繰り返しましょう。
6.続いて、脱水の一番短いコースを選択。
7.脱水が終わったら、洗いと同じようにすすぎを行います。
※2回繰り返すと泡が出なくなったら完了です。
8.すすぎまで完了させたら再度、脱水にかけます。
9.脱水完了後は、日陰干しする。
10.完全に乾いたら、ダウンジャケットに空気を含ませる。

ダウンジャケットを乾燥機で乾かすときのポイント

乾燥が大切

ダウンジャケットをふわふわに保つために、いちばん大切なのは“乾燥”です。

「お気に入りのダウンジャケットだから洗濯後したのに、なんかふわふわ感がなくなってしまった……」そんな後悔を防ぐためには、洗濯したダウンジャケットの乾燥にひと手間かけること。

ダウンジャケットの中にある羽毛まできちんと乾かすことを意識しましょう。洗濯して脱水が終わった後に、ダウンジャケットをパンパンと軽く叩いたり、少しこすったりして、羽毛の偏りを防ぎましょう。

コインランドリーの乾燥機もおすすめ

コインランドリーの乾燥機を活用するのもアリです。クリーニングよりは少し手間はかかりますが、安さを求める方は、コインランドリーがおすすめ。

コインランドリーにある乾燥機で乾燥させるとダウンジャケットがフワフワに仕上がるのが魅力。

コインランドリーの乾燥機を利用する場合、ダウンジャケットの場合、300円~500円程度あれば十分です。

まとめ

クリーニング以外でダウンジャケットを洗濯する方法をご紹介しました。

寒くて長い冬には重宝するダウンジャケット。洗濯方法をマスターして、いつまでも新品の着心地を味わえるとよいですね。