WASH LIFE

MENU

HOME > 洗濯の基本 > 新品の着心地を。ダウンジャケットはこうやって洗濯しよう

洗濯の基本

2017年3月3日

新品の着心地を。ダウンジャケットはこうやって洗濯しよう

  • facebook
  • ツイート
  • メールで送る

寒い冬に重宝するダウンジャケット。ファッションの流行りなど関係なく、長い間使えるので、きちんとお手入れしておきたいですよね。みなさんは、どのように洗濯していますか? もしかしたら、ダウンジャケットは、クリーニングに出さないとダメだと思っている方もいるのではないでしょうか?

でも、お手持ちのダウンジャケットによってはクリーニングに出さなくても大丈夫。自宅やコインランドリーでお手軽に洗濯できます。

今回は、クリーニング以外でダウンジャケットをお手入れする際の「洗濯方法」をご紹介します。

まずは、絵表示を確認!

水洗い不可のマークがなければ、ダウンジャケットも自宅やコインランドリーでの洗濯ができます。

洗濯機を回す前に“予洗い”をしておく

袖や裾など、汚れが強い部分は、ダウンジャケットを洗濯する前に手洗いで“予洗い”をすることをおすすめします。

【用意するもの】
・40度程度のお湯
・お湯を張る入れもの
・手洗い用の洗剤(洗濯石鹸など)
・洗濯ネット
・タオル(場合による)

【予洗いの仕方】
▽汚れが目立つ部分をお湯につける
▽汚れが目立つ部分に洗剤を直接つけて「もみ洗い」をする
※「もみ洗い」をするのは、汚れている部分だけにしましょう。全体を「もみ洗い」すると、ダウンジャケットの中にある羽毛を折ってしまう可能性があります。

ダウンジャケットを洗濯機で洗うポイント


・ダウンジャケットは洗濯ネットに入れる
・洗濯槽の大きさに対して洗濯物の数が少ない場合は、ダウンジャケットにタオルを巻きつけて洗う
※ダウンジャケットは空気を含みやすいため、水に浮いてしまう可能性があります。そのため、タオルを巻きつけたり毛布と一緒に洗ったりすると、きちんと洗濯できます。
・取り外し可能なフードは取り、ボタンやチャックは閉める
・中性洗剤で洗濯するのがおすすめ
・洗濯機のコースは「手洗いモード」のような丁寧で優しく洗えるモードがおすすめ

ダウンジャケットを乾燥機で乾燥させる際のポイント

ダウンジャケットをふわふわに保つために、いちばん大切なのは“乾燥”!

「お気に入りのダウンジャケットだから洗濯後したのに、なんかふわふわ感がなくなってしまった……」そんな後悔を防ぐためには、洗濯したダウンジャケットの乾燥にひと手間かけることが大切。ダウンジャケットの中にある羽毛まできちんと乾かすことを意識しましょう! 

洗濯して脱水が終わった後に、ダウンジャケットをパンパンと軽く叩いたり、少しこすったりして、羽毛の偏りを防ぐとよいですよ!

おすすめなのは、コインランドリーのドラム式乾燥機を活用すること!

コインランドリーにあるドラム式乾燥機を低温設定にして、乾燥させるとダウンジャケットがフワフワの仕上がりになります! 年に1回程度のダウンジャケットの洗濯。クリーニングよりは少し手間はかかりますが、安さを求める方は、コインランドリーがおすすめですよ。

まとめ

クリーニング以外でダウンジャケットを洗濯する方法をご紹介しました。寒くて長い冬には重宝するダウンジャケット。洗濯方法をマスターして、いつまでも新品の着心地を味わえるとよいですね。