WASH LIFE

MENU

HOME > 洗濯の基本 > マフラーの自宅での洗い方について解説!

洗濯の基本

2022年2月14日

マフラーの自宅での洗い方について解説!

  • facebook
  • ツイート
  • メールで送る

防寒だけでなく、ファッションとしても楽しめるマフラー。身に着けていると徐々に汚れてきますし、ニオイが気になりませんか?
洗って清潔にしたいけれど、失敗してしまいそうで不安…なんて方も多いと思います。

そこで今回は、マフラーの洗濯方法をご紹介。自宅で簡単に洗えて、ふんわり肌心地良く仕上がります!ぜひ参考にしてみてください。

マフラーの自宅での洗い方!

これからマフラーを手洗いする方法と、洗濯機で洗う方法をお伝えします。正しく洗って、お気に入りのマフラーを長く楽しみましょう。

それではさっそく洗い方を見ていきますが、洗濯をはじめる前にまずはつぎの2つをチェック!

洗濯表示を確認する

洗う前に洗濯表示を見て、自宅で洗えるものかを確認をしましょう。

汚れを確認し、もしあれば前処理をする

ファンデーションや皮脂汚れなどがある場合は、前処理をしてから洗濯をすると汚れをスッキリ落とせます。

やり方は、おしゃれ着用洗剤の原液を汚れ部分に直接つけ、キャップの後ろで軽くたたき馴染ませます。生地が傷むので、絶対に揉んだり擦ったりしないでください。

シミや黄ばみ・血液汚れは、液体酸素系漂白剤を使うのがおすすめです。

マフラーの手洗い方法について

洗濯表示を確認し汚れの前処理が済んだら、さっそく手洗いを始めましょう。

<用意するもの>

・大きめの洗面器
・洗濯ネット
・おしゃれ着用洗剤
・柔軟剤

手洗い手順

⒈洗面器の大きさに合わせてマフラーをたたみ、洗濯ネットに入れる。
フリンジ(マフラーの先端についたふさふさ)が絡まないように内側にしてたたんでください。また汚れが外側にくるようにすると、きれいに洗い上がります。

⒉洗面器に30℃以下の水をたっぷり張り、おしゃれ着用洗剤を水の量に応じて溶かし入れる。

⒊洗濯ネットに入れたマフラーをそっと沈め、やさしく押し洗いをする。
傷みや縮みの原因になりますので、こすったり揉んだりしないでください。

⒋数回水を替えながら、押し洗いを繰り返す。
洗剤の泡が出なくなるまで、しっかりすすぎましょう。

⒌柔軟剤を規定量入れて、マフラーを沈める。
やさしく押して、柔軟剤を全体にいきわたらせましょう。
柔軟剤を使うとふんわり仕上がるだけでなく、静電気を防止し髪がマフラーにまとわりつくのをおさえてくれます。

⒍洗濯機で1分脱水し、風通しの良い日陰で干す。
伸びないように、平干しで乾かしましょう。もしスペースがなくハンガーを使う場合は、M字干しで重さを分散させましょう。

マフラーを洗濯機で洗う方法について

続いて、洗濯機での洗い方をご案内します。

<用意するもの>

・洗濯ネット
・おしゃれ着用洗剤
・柔軟剤

洗濯機での洗い方手順

⒈マフラーをたたみ、洗濯ネットに入れる。
フリンジは内側に、汚れは外側にくるようにたたみましょう。

⒉おしゃれ着用洗剤&柔軟剤を規定量セットする。

⒊「手洗いモード」や「ドライモード」などやさしく洗えるコースを選び、洗濯スタート!

⒋脱水が終わったらすぐに取り出し、風通しの良い日陰で干す。
伸びないように、平干しで乾かしましょう。ハンガーを使う場合は、M字干しをしてください。

自宅でマフラーを洗う際の注意点


自宅でマフラーを洗濯する作業はそれほど難しくありませんが、失敗を防ぐためにつぎの3つのポイントを頭に入れておきましょう。

洗濯表示を必ず確認する

ウールやカシミヤ・モヘア ・レーヨンといった天然繊維を使っているものは、水洗いできないものも。自宅で洗ってしまうと、生地が傷んだり縮んだりしてしまいます。

もしタグを外してしまい素材が分からない場合は、クリーニング店に相談するのもいいでしょう。

乾燥機は使用しない

乾燥機は毛玉・伸び・縮みの原因になるので、使用してはいけません。

生地が傷むので洗いすぎない

マフラーを自宅で簡単に洗えるのなら、頻繁に洗濯したくなります。ですが洗いすぎは繊維が傷んでしまうおそれがあるため、洗いすぎには注意が必要です。

洗濯頻度の目安は、同じマフラーを毎日使っている場合は月に1回程度。
複数のマフラーをローテーションしているなら、衣替えのタイミングで1回洗濯を目安にしましょう。

ただし、汚れがついてしまったら、落としやすいうちに早めに洗ってください。

まとめ

ダメージが心配なマフラーを上手に洗濯する方法をご紹介しました。意外と簡単に洗えますので、マフラーを気持ちよく身につけるためにぜひトライしてみてください。