WASH LIFE

MENU

HOME > 洗濯の基本 > 洗濯物の色移りした!原因や落とし方、防止する方法も解説

洗濯の基本

2020年10月23日

洗濯物の色移りした!原因や落とし方、防止する方法も解説

  • facebook
  • ツイート
  • メールで送る

洗濯をしていると、色移りしてしまったという経験はありませんか?

洗濯をしていくと一度は経験したことがある色移りが起きる原因や、色移りした時の対応方法を紹介。

色移りはとても残念な気持ちになりますが、色移りはどうして起きてしまうのでしょうか。

また、色移りを発見した時の対応についても気になるところ。

困った時に諦めないように、一緒に確認してみましょう。

洗濯の色移りの原因はなに?


色が移ってしまう原因は、主に次の3点が挙げられます。

1.衣類の色が溶ける
2.脱水中に色が飛ぶ
3.脱水後に長時間放置する

色移りはおよそ3つうちのどれかが原因になって起こります。

それぞれの原因を詳しく解説します。

衣服の色が溶ける

色移りの大きな原因となるのは、洗濯中に衣服の色が溶けること。

これは水道代の節約になると、お風呂の残り湯で洗濯する方に、よく起こりがちな現象。

お湯のような暖かい水は、色を溶けやすくします。

また、色が濃い服は色移りしやすいという特徴を持っています。

色が濃い衣服は色が水に溶けやすく、複数回洗濯したジーンズの色がだんだん薄くなっているのはこのためです。

溶けた色は元には戻らないので、だんだんと色が薄くなっていると感じるのです。

脱水中に色が飛ぶ

また、脱水中でも衣服の色は飛びやすくなります。

これが原因と判断できる特徴は、点々とした色移りや、様々な衣服に色が移っていること。

脱水は洗濯槽の遠心力で水分を飛ばすので、色が溶けた水が洗濯槽の中であちこちに飛び、色が移るのです。

そうなれば、服に色が移ってしまうもの仕方ありません。

脱水後に長時間放置する

脱水後も長時間洗濯機の中に洗濯物が残っていても、色移りの原因に。

洗濯機の中で放置すると洗濯機の中の湿度が上がり、色が浮き上がりやすくなります。

また、洗濯物は水分を含んでいるために重くなり、下の洗濯物への重みが加わります。

この2つが合わさると、下にある洗濯物へ色が移りやすい環境の出来上がり。

浮き上がった色が下の洗濯物に付着し、色移りとなります。

色移りの落とし方はこれだ!


では、色移りした場合の対処法についても解説します。

色が移ってしまった場合でも、次に紹介する方法で解決できます。

たとえ色が移ってしまっても、諦めないことが大切なのです。

色移りを落とす、防止する方法

色移りを落とす時の基本ですが、色移りを落とす時は乾く前に行うこと。

色移りは乾くとなかなか落ちづらく、気付いた時には手遅れに。

つまり、乾燥機で乾かしたり、アイロンをかけたりする前に対処する必要があるということ。

恐らく色移りに気付く時のほとんどは「洗濯物を引き上げた時」ですから、その時に必ず対処すると良いでしょう。

お湯を使う

お湯を使って落とすことも効果的。

日常生活で汚れを落とす時に水を使うかお湯を使うかと言えば、恐らく殆どの方がお湯を使うでしょう。

色移りに関しても同じことが言え、お湯の方が水と比べて汚れを落としやすいという特徴が。

ただし、熱湯などの高温のお湯を使ってはいけません。

あまり高温だと衣服にダメージが入ってしまい、衣類を傷めます。

洗濯機で洗う場合は洗濯機の耐熱温度以下のお湯を使い、洗剤を使う時は、通常の倍くらいの洗剤を使用することもポイント。

洗剤は液体よりも、粉タイプの洗剤を使うと良いでしょう。

漂白剤を使う

色移りを落とす際には漂白剤を使うと、より色を落としやすくなります。

ただし、衣服によって使うべき漂白剤は異なります。

柄物の衣服に使う場合には酸素系漂白剤を、白いシャツ等に使う場合は塩素系漂白剤を使いましょう。

酸素系漂白剤は白い服にも使うことはできますが、塩素系漂白剤の方が効果が高いのです。

しかし、塩素系漂白剤は元の色も落としてしまうため、柄物の服には使わないようにしましょう。

この他には還元型漂白剤というものがありますが、還元型漂白剤も柄物の服には使えません。

どんな服にも使える万能な酸素系漂白剤を使うと良いでしょう。

色移りしてしまうものを分ける

色が移る可能性があるもの(柄物など)は別に洗濯することも、色移りの防止策。

当然に思う方も多いと思いますが、最近は時間を取れない方も多く、全部一緒に洗濯する人が多いはず。

何回も分けて洗濯するのが面倒くさいと感じますが、色移りはイヤだという方はこうした手間も必要です。

あるいは、洗濯ネットを使う、市販の色移り防止シートを使うという方法もありますので、自分に合った方法を選ぶと良いでしょう。

洗濯が終わったらすぐに干す

洗濯が終わったらなるべく早く干すことを心掛けることでも、色移りは防止可能。

すぐに干すことは洗濯槽のカビの防止にもなりますし、色移りしにくくなるというメリットだらけの行動。

時間がある時に洗濯することも、時には大切だと言えるでしょう。

まとめ

服の色落ちはとても残念な気持ちになり、色移りがひどいともう着たくないと感じるでしょう。

これは非常にもったいないもの。

様々な対策をして、いつまでも着られるような環境を作ってみましょう。

少しの手間で、色移りは防げますよ。