WASH LIFE

MENU

HOME > 洗濯の基本 > ブレザーの洗い方と干し方【洗濯機・手洗いでの洗い方の手順も解説】

洗濯の基本

2020年7月11日

ブレザーの洗い方と干し方【洗濯機・手洗いでの洗い方の手順も解説】

  • facebook
  • ツイート
  • メールで送る

「ブレザーって洗えるの?」「洗い方がわからない」などブレザーのお手入れで悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

制服を洗濯する人に向けて、ブレザーの洗い方と干し方を中心にお手入れ方法を紹介していきます。

ブレザーを洗濯する際に参考にしてみてください。

制服|ブレザーの洗濯手順

【洗濯機の場合】

手順1.洗濯表示を確認

洗濯する前には必ず洗濯表示を確認します。

洗濯機洗いや手洗いが可能な場合は上記のマークが付いています。

洗濯表示を確認する際にポケットの中も確認するようにしましょう。

手順2. ネットの大きさにたたんで洗濯機へ
ボタンやファスナーを閉めて、形を整えてから裏返してネットに入れます。

ネットの大きさにたたむことで伸びやヨレ、型くずれすることを防ぎます。

※詰め襟の前ボタンは外してからネットに入れるようにします。

洗濯機へ入れる際には、水温は30度程度、ウール混合素材の場合は30度以下に設定。

「おしゃれ着」「ドライ」「手洗い」など水流が弱く優しく洗えるコースを選びしましょう。

※洗濯機へ入れる際にはあまり小さくたたみすぎないようにします。

また、他の洗濯物と洗うと色移りや糸くず、ホコリ等がつくこともあるので、単独で洗うようにしましょう。

手順3.洗濯後はすぐに取り出してシワを伸ばして陰干しします。

洗濯が完了したら、シワになるのを防ぐためにすぐに取り出します。

シワを伸ばして、陰干しをします。

※シワを防ぐために丸めたタオルを袖口に入れるのも効果的。

【手洗いの場合】

洗濯表示を確認

手順1.ブレザーを容器に合った大きさにたたむ

容器に合った大きさに折りたたみ、満遍なく水に浸けていきます。

手順2.洗濯液で洗っていく

ブレザーを洗うため水と水温は30度程度、ウール混合素材の場合は30度以下で洗います。

ブレザーを洗濯液の中で押し付けて、緩める動作を繰り返す、押し洗いで洗っていきます。

たたんだ制服が崩れないようにしながら、汚れを落としていきましょう。

手順3.すすいで洗う

すすぐ際には、優しく押し付けるように洗っていきます。

濁りがなくなるまで、水を換えてすすぎを行います。

手順4.洗濯後はすぐに取り出してシワを伸ばして陰干し

洗濯が完了したら、シワになるのを防ぐためにすぐに取り出します。

シワを伸ばして、陰干しをします。

手洗いでも洗濯と同様でOKです。

制服(ブレザー)の洗濯ポイントを紹介

ジャケットを洗う前のポイント

1.前側のボタンを空けて型崩れを防ぎます。

2.袖を前側にのせて、内側にたたみます。洗濯ネットや洗う容器のサイズに合わせてたたむことで伸びたり、縮んだり、型くずれするのを防ぎます。

ボトムスを洗う前のポイント

1.ひっかかるのを防ぐためにファスナー、ホック、ボタンを閉めます。

干し方のポイント

ブレザーは、前側のボタンを開けて、厚めのハンガーやタオルを利用して、通気性が良くなるように干します。

スカートは、スカートなどの折りひだ(プリーツ)を縦方向に伸ばして整えます。

袖口に丸めたタオルを入れて、洗濯でできるシワを伸ばすことできます。

まとめ

ブレザーの洗い方を紹介しました。

学生は毎日着る衣類だからこそ、大切に使っていきたいですよね。

正しく洗って衛生的にブレザーを着用しましょう。