WASH LIFE

MENU

HOME > 洗濯の基本 > フリースを自宅で洗濯する方法。毛玉なしでふわふわに仕上げるコツ

洗濯の基本

2019年2月18日

フリースを自宅で洗濯する方法。毛玉なしでふわふわに仕上げるコツ

  • facebook
  • ツイート
  • メールで送る

冬になると大活躍する「フリース」。肌ざわりがよく暖かいので、アウターはもちろん、ネックウォーマーや毛布などにも使用されている素材です。一方で、洗濯をしているうちに毛玉ができたり、肌ざわりが悪くなったりすることもあります。

そこで今回は、自宅でフリースを洗濯する際のコツをご紹介。毛玉を防ぐ方法やふわふわに仕上げるポイントもお伝えします。

フリースは洗濯機でも洗えるの?

フリースは「ポリエチレンテレフタラート」というポリエステルの一種でできており、暖かいほかに、軽く洗いやすいというメリットがあります。一般的には洗濯機で洗えますが、なかには起毛素材のモノもあるため、洗濯機で洗った際に毛玉ができてしまうことも。フリースのよさである肌触りのよさを保つためには、洗濯のコツを抑えることが大切です。

ふわふわの肌ざわりを維持するコツ

洗濯ネットを活用する

毛玉を防止するためには洗濯ネットにフリースを入れ、他の洗濯物と絡み合わないようにします。洗濯ネットにフリースを入れる際はきちんとたたんで、型がくずれないようにしましょう。

おしゃれ着用洗剤や柔軟剤を活用する

フリースを洗濯機で洗う際は、通常の洗剤よりも「おしゃれ着用洗剤」を使うのがおすすめ。おしゃれ着用洗剤や柔軟剤には、静電気を防ぐ成分が含まれているモノもあり、静電気が起こりやすいフリースにはピッタリです。また、洗濯物をふわふわの仕上がりにしてくれるのも魅力。フリースを洗濯する際はおしゃれ着洗剤や柔軟剤を活用するのも、フリースならではの肌ざわりを保つコツです。

すすぎは “注水すすぎ” を2回行う

起毛素材のフリースは特に洗剤が残りやすいという特徴があります。そのため、一度洗濯してみて洗剤が残っていると感じたら、2回すすぐのがおすすめです。

ブラッシングする

フリースの毛玉を防ぐには、日常的にブラシでブラッシングすることも大切。衣類用のブラシで毛並みに沿ってブラッシングするだけでもいいので、ぜひ意識してみてください。

フリースの洗濯方法

【用意するモノ】
・洗濯ネット
・おしゃれ着用洗剤
・柔軟剤

【手順】
1.洗濯絵表示を確認する
2.色落ち確認をする(色物の場合)
3.フリースを裏返しにしてたたみ、洗濯ネットに入れる
4.手洗いコースもしくは、ドライコースで洗濯

フリースを乾かす際のポイント

フリースを乾かす際は、直射日光は避け日陰干しをします。また、シワを防ぐために太めのハンガーにかけて干すようにしましょう。洗濯後にシワができてしまった場合は、あて布をしながらアイロンがけするとシワが伸びます。

まとめ

冬になると活用する機会が増える「フリース」。せっかくだから、毛玉もなくふわふわの状態で着ていたいですよね。ぜひ、洗濯する際のコツをおさえて、肌触りのよいフリースを楽しんでください。