WASH LIFE

MENU

HOME > 洗濯の基本 > 今さら聞けない!ドラム式洗濯機での上手な洗濯の仕方

洗濯の基本

2017年3月3日

今さら聞けない!ドラム式洗濯機での上手な洗濯の仕方

  • facebook
  • ツイート
  • メールで送る

憧れのドラム式洗濯機。大量の洗濯物を洗えそうだし、仕上がりもふわふわになるとか。でも、そもそも縦型と比べてどんなメリットがあるのだろう? 今回は、ドラム式洗濯機のメリットや基本的な洗濯の仕方をみていきましょう。

ドラム式洗濯機のメリットは?

ドラム式洗濯機のメリット

ドラム式洗濯機のいちばんのメリットは、乾燥機能が優れているところ。縦型洗濯機よりも少ない時間と高い温度で乾燥できるので、衣類にシワがつきにくく、洗濯物がふわふわに仕上がります!

その他、洗濯する際に使う水分量が少ない点や、洗濯槽が横向きで洗濯物同士が絡まない点もドラム式洗濯機を使うメリットです。

縦型洗濯機と洗濯の仕方の違い

洗剤の投入口

縦型の洗濯機の洗剤投入口は、「洗剤」と「柔軟剤」の入れ口が分かれていますが、ドラム式洗濯機は両方とも「洗剤ケース」に入れます。

その点は「縦型洗濯機」と「ドラム型洗濯機」とで洗濯の仕方が違うので、チェックしてみてくださいね。

糸くずのフィルター

一つのフィルターに糸くずが入るようになっている縦型洗濯機。一方でドラム式洗濯機は「排水フィルター」と「乾燥フィルター」の2つに分かれており、洗濯時と乾燥時とで別々に糸くずをキャッチします。

ドラム式洗濯機での基本的な洗濯の仕方

▽扉の開閉ボタンで扉を開く
▽洗濯物を洗濯槽に入れる
▽電源ボタンを押し、洗濯段階を選ぶ
一般的な洗濯コースには「洗濯(洗濯だけを行う)」「洗乾(洗濯から乾燥までを行う」「乾燥(乾燥だけを行う)」ものがあります
▽時間やすすぎの回数を選ぶ
▽洗剤や柔軟剤をセットする
▽お風呂のお湯を使う場合は、ホースをセットするなどして洗濯スタート

ドラム式洗濯機はお手入れが大切

ドラム式洗濯機を使う上で大切なのは、定期的に洗濯機を掃除することです。洗濯槽に洗剤を直接入れずに、洗剤ケースに洗剤や柔軟剤を入れるので、洗剤ケースの掃除は週に1回くらいは必要です。
また、乾燥機のフィルターにはホコリが溜まります。乾燥フィルターは、乾燥機を使う度に掃除することをおすすめします。

コインランドリーではドラム式洗濯機が主流?

コインランドリーに行ったことはありますか? 多くのコインランドリーではドラム式洗濯機が置いてあります。もし、洗濯機の購入で「ドラム式洗濯機」にするか「縦型洗濯機」にするかで迷っている方がいたら、一度コインランドリーを活用してみるのもよいかもしれません。

コインランドリーの基本的な料金と時間の目安

※地域や場所によって異なりますが、下記を参考にしてみてくださいね。

・小型ドラム式洗濯機
時間:約40分 料金:500円

全自動洗濯乾燥機
時間:約60分 料金:1000円

まとめ

ドラム式洗濯機の基本的な洗濯の仕方や、メリットをご紹介しました。価格は安価ではないので、購入する前にコインランドリーにある洗濯機を使って検討してみるのもおすすめですよ。