WASH LIFE

MENU

HOME > 洗濯の基本 > ピシッとキメる!基本的なワイシャツの洗濯方法を知ろう

洗濯の基本

2017年3月3日

ピシッとキメる!基本的なワイシャツの洗濯方法を知ろう

  • facebook
  • ツイート
  • メールで送る

仕事や就職活動の場などで着るワイシャツ。毎日のように着る方も、ここぞという時にしか着ない方も、きれいに洗濯された状態で着たいですよね。今回は、気になるワイシャツの黄ばみや、シワを防ぐ洗濯方法をご紹介します。

大切なのは黄ばむのを事前に防ぐこと

ワイシャツの黄ばみが目立ってきたら、漂白剤を使用して洗濯しても、きれいにすることが難しくなります。そのため、ワイシャツの洗濯において大切なのは、日頃からつけおき洗いをすること。

とはいえ、洗濯する度につけおき洗いをするのは大変。という方もいますよね。その場合は、汚れがつきやすいシャツの「首回り」や「袖」部分に、直接洗剤をつけてから洗濯槽に入れるのがおすすめです。

ワイシャツのつけ置き洗いとは……

容器に洗剤と水(40度くらいのお湯が理想)を入れて、1時間程度ワイシャツをつけておいた後に、洗濯機で洗濯する方法です。このとき、つけおき用に使った洗剤はそのまま洗濯槽に入れて大丈夫です。

スーパーやドラックストアでは、部分洗濯用の洗剤が販売されているので、ワイシャツの洗濯に力を入れたい方は使ってみるとよいですよ。
※生地の素材によっては、縮んだり痛んだりする場合があります。必ず、洗濯の絵表示を確認しましょう)

ワイシャツを洗濯する際の注意点

まずは洗濯の「絵表示」を確認

ワイシャツに付いているタグには、「水洗い可能」、「漂白剤使用可能」などを示す絵表示が付いています。まず、その絵表示を確認してどんな洗濯方法ができるかを知りましょう!

ワイシャツのポケットにモノが入っていないか確認

メモやティシュなどの紙はもちろん、シャツのポケットにはボールペンのようなペン類が入ったままなことも。洗濯してから後悔しないように、ポケットの中身もチェックしてくださいね!

ワイシャツのボタンを閉めて、なるべく洗濯ネットに入れる

ワイシャツのボタンが開いたままだと、他の洗濯物と絡まって洗濯物が傷ついてしまうことがあります。お持ちの衣類を長く丁寧に使いたい方は、ワイシャツのボタンを閉めて洗濯ネットに入れてから洗濯することをおすすめします。

ワイシャツを洗濯ネットに入れる際に注意したいポイントは、「裏返してからきちんとたたむこと」です! 肌と接触するワイシャツの裏側、首回りや袖部分汚れをきちんと落とすために、折りたたんでから洗濯ネットに入れましょう!

ワイシャツのシワを防ぐ洗濯方法

ワイシャツを洗濯して乾いた後に、アイロンがけをすれば、シワのないきれいなシャツを着ることができます。でも正直、毎回アイロンがけをするのは面倒。感じている方もいるはず。そこで、洗濯機で洗っている間にシワになりにくいワイシャツの洗濯方法をご紹介します。

手洗いモードがおすすめ

洗濯の絵表示で通常の水洗いが可能な場合も、丁寧に洗える「手洗いモード」「ドライモード」などがおすすめです。

シワを防ぐ洗剤を使う

市販の柔軟剤には、ワイシャツのような洗濯物のシワを防ぐ洗剤が販売されています。よい香りのするタイプなど、種類も多いのでチェックしてみてくださいね。

脱水を短くする&洗濯機から直ぐに取り出す

ワイシャツを洗濯した際にシワがつく大きな原因に「脱水」があります。ワイシャツを洗濯する際の脱水時間の理想は“30秒程度”。お持ちの洗濯機によって異なりますが、洗濯機の機能で脱水時間を調整して、洗濯しましょう。

コインランドリーを活用する

コインランドリーは自宅とは違い、早い時間で洗い乾燥できる洗濯機や乾燥機があります。そのため、洗濯物にシワがつきにくく、「ここぞ!」という勝負時に着る衣類を洗濯するにはおすすめですよ!

ワイシャツのシワを防ぐ干し方

ワイシャツのシワを伸ばしてから干す

ワイシャツのシワを防止するためには、少しシワを伸ばしてから干すのがポイント。ワイシャツを軽くたたんでから、ポンポンとシワを伸ばすようにたたくとよいです。たたむのが面倒な方は、太めのハンガーに吊るしてからシワを伸ばすように、軽くたたくのがおすすめです!

まとめ

ワイシャツは、少しシワがあるだけでも何だかだらしなく見えてしまいますよね。きちんとお手入れをして、仕事でも就職活動でもピシッと決めていきましょう!