WASH LIFE

MENU

HOME > お悩み解決 > 洗濯物の3つの手洗い方法。基本を抑えて大切な衣類を守ろう

お悩み解決

2018年1月23日

洗濯物の3つの手洗い方法。基本を抑えて大切な衣類を守ろう

  • facebook
  • ツイート
  • メールで送る

ブラウスやワンピースなど、繊細な衣類は洗濯機ではなく、手洗いをするのがおすすめです。ただ、手洗いって実際どうすればいいのかやり方がわからないという方も少なくないはず。

そこで今回は手洗いの基本的な知識と、衣類全体を手洗いしたい場合の洗濯方法をご紹介します。

手洗いが必要な衣類は?

洗濯の絵表示を確認する

衣類が自宅で手洗いできるかどうかは、衣類に付いている洗濯の絵表示を確認するのがいちばんです。

なお、洗濯の絵表示の記載方法は、2016年12月1日に規定が改正されています。新しい表示の見方は下記を参考にしてみてください。

洗濯絵表示に関する記事

型崩れしやすいワンピースなど

素材にもよりますが、繊細で型崩れを起こしやすいワンピースやニットなども手洗いがおすすめです。また、素材で言うとウールなどの毛やアクロンなどの素材は洗濯機で洗うと縮む可能性があるため、手洗いをする方が無難です。

手洗いのコツ

水の温度に気をつける

手洗いをする際に気をつけることは、洗ってからすすぐまで水の温度をできるだけ一定に保つことです。水の温度差が激しいと衣類が縮む原因にもなるので、気をつけましょう。また、温度は40℃くらいのぬるま湯が理想です。

柔軟剤はいちばん最後に入れる

手洗いで柔軟剤を使う際は、いちばん最後のすすぎのときに柔軟剤を入れるのがコツ。洗いなど最初のうちに柔軟剤を入れてしまうと、柔軟剤が流れてしまい、効果が薄れることもあります。

手洗いをする際に必要なモノ

洗濯物を手洗いする際に最低限必要なモノは主に2つ。衣類用の洗剤と洗面器などの容器です。場合によっては洗濯用ネット、手荒れが気になる方はゴム手袋などもあると便利です。

衣類全体を手洗いする際の3種類の手洗い方法

洗濯物を手洗いする方法は主に7通りに分けられます。ここでは、衣類全体を洗う「押し洗い」・「振り洗い」・「つけ込み洗い」に関してご紹介します。

手洗い方法1.押し洗い

手順
▽洗剤と水を入れた容器に洗濯物を入れ、30回程度手で押したり持ち上げたりを繰り返す
▽容器の水をきれいな水に入替え、泡がなくなるまで押したり持ち上げたりしながらすすぐ
▽洗濯機で30秒程度脱水する

【この手洗い方法に向いている衣類】
厚手のセーターなどの衣類、学生服、プリーツのついたスカート、ウォッシャブルのスラックスなど

手洗い方法2.振り洗い

手順
▽洗剤と水を入れた容器に洗濯物を浸す
▽衣類の両端を持ち、容器の中で振るように洗う
▽容器の水をきれいな水に入替え、泡がなくなるまですすぐ
▽最後に洗濯機で30秒ほど脱水する

【この手洗い方法に向いている衣類】
ブラウスやワンピースなど繊細な素材が使われた衣類

手洗い洗い方法3.つけ込み洗い

手順
▽洗剤と水を入れた容器に洗濯物を入れ15分ほど浸ける
▽容器の水をきれいな水に入替え1分程度浸ける
▽洗濯機で30秒ほど脱水する

【この手洗い方法に向いている衣類】
セーターやニットなどの衣類、わき汗などで黄ばんだブラウス、漂白したい白衣、おむつ

まとめ

洗濯物の基本的な手洗い方法をご紹介しました。手洗いと聞くと面倒で少し難しそうですが、やってみると案外簡単なので、特に大切にしている洋服がある方は参考にしてみてくださいね。