WASH LIFE

MENU

HOME > お悩み解決 > 敷布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ。自宅で洗う方法もご紹介

お悩み解決

2018年8月22日

敷布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ。自宅で洗う方法もご紹介

  • facebook
  • ツイート
  • メールで送る

毛布やカバー、シーツ、敷布団などの寝具。毎日直接肌に触れるモノなので、しっかりとお手入れして清潔な状態を保ちたいですよね。でも、毛布やカバーなどは簡単に洗えるけど、敷布団の洗い方は分からない……。という方もいるはず。そこで今回は敷布団をコインランドリーや自宅で洗濯する方法をご紹介します。

敷布団を洗濯すべき理由

一般的に敷布団はカバーをかけて使用するので、敷布団自体の洗濯は不要と考えている方もいるかも知れません。また、定期的に干したり布団乾燥機にかけたりとお手入れをしている方もいますよね。

でも、やはり長期間使っていると汗などが蓄積され、目に見えない汚れが蓄積されていきます。気づいたら黄ばみが取れないなんてことも。そのため、敷布団も6ヶ月~1年に1回は洗いましょう。その際、自宅で洗うのもアリですが、大物洗いに適したコインランドリーを活用するのもおすすめ。

コインランドリーでは、大きな洗濯機で大量の洗濯物を洗える以外に、除菌や消臭対策にも効果的など、さまざまなメリットがあります。

敷布団の洗濯にコインランドリーを使うメリット

大きな洗濯物も速く乾く

敷布団のように大きな洗濯物を自宅で洗濯するのは大変ですよね。でも、コインランドリーには大きな洗濯機や乾燥機があるので、時短でスピーディーに洗濯から乾燥までできます。

洗濯が終わるまでの時間はコインランドリーの中で待っているのもアリですが、買い物をしたり一度家に帰ったりするとより有効的に時間を使えますよ。

洗濯物の仕上がりがふっくらに

コインランドリーの乾燥機には高温風機能が搭載されているため、中綿まで空気が入り込み敷布団の嵩が増してふっくらとした仕上がりになります。ふっくら仕上がった布団の上で寝るのは気持ちが良いですよね!

除菌や消臭対策にも効果的!

コインランドリーの乾燥機は高温で乾燥させるため、敷布団のような大きな洗濯物も中までしっかり乾かすことができます。生乾きの嫌なニオイなどを防げることもコインランドリーを活用するメリットです。

敷布団をコインランドリーで洗濯する際の料金や時間の目安

洗濯のみの場合

敷布団1枚程度

料金:500~600円程度、時間:約30~40分

乾燥機のみの場合

敷布団1枚:約30~40分
敷布団2枚:約40~50分

料金

サイズ小(14Kgの乾燥機):8分で約100円
サイズ大(25kgの乾燥機):6分で約100円

コインランドリーで敷布団を洗濯する方法

用意するモノ

・敷布団
・布団を縛る用のヒモ
・小銭(敷布団2枚を洗濯から乾燥まで行う場合は約1000円がかかります)

手順

1. 洗濯の絵表示を確認する(注意:和綴じされた綿ふとんは、中綿の偏りが発生するので避けてください)
2. ロール状に巻いた敷布団を型が崩れないようにヒモで2~3ヶ所縛る
3. 洗濯機に敷布団を入れる
4. 洗濯スタート

自宅で敷布団を洗う方法

大きくて自宅で洗うのは難しそうな敷布団ですが、基本を抑えれば自宅でも洗うことができます。敷布団は乾燥に時間がかかるので、天気予報をチェックし晴れたタイミングを狙いましょう。

用意するモノ

・ヒモ
・洗濯用の中性洗剤

手順

1. 洗濯の絵表示を確認する
2. 敷布団をロール状に丸めて2~ 3ヶ所に分けてヒモで縛る
3. お風呂にぬるま湯を張り、洗剤を溶かす
4. 洗剤が溶けたお湯に敷布団を入れて洗剤を染み込ませる
5. 敷布団を足で踏みながら敷布団の汚れを出す
6. 敷布団から汚れが出なくなったら浴槽のお湯を抜く
7. シャワーで泡がなくなるまで敷布団をすすぐ
8. 敷布団から水が出なくなるまで水分を取り、物干し竿に掛け干す
※片方が乾いたら裏返して、もう片方を乾かす。

まとめ

敷布団をコインランドリーと自宅で洗濯する方法をご紹介しました。自宅のお風呂を使って洗うのもいいですが、水分を含んだふとんは重く、取り扱いも大変です。さらに乾燥のことも考えるとコインランドリーを活用するのがおすすめです。最近のコインランドリーはオシャレでキレイな店舗がたくさんあるので、気になる方はぜひ、お近くのコインランドリーを検索してみてください。