WASH LIFE

MENU

HOME > お悩み解決 > コインランドリーの乾燥機を使う裏技を公開。効率よく使おう

お悩み解決

2017年10月24日

コインランドリーの乾燥機を使う裏技を公開。効率よく使おう

  • facebook
  • ツイート
  • メールで送る

大量の衣類や布団などを乾燥させたい時に便利なコインランドリー。最近ではカフェが併設しているところや、外観がオシャレなところなど、コインランドリーの新店舗が続々とオープンし注目され注目を集めています。

そんなコインランドリーの機器のなかでも特におすすめなのが乾燥機。早く乾くことやダニ対策になるなどがメリットです。そこで今回は、コインランドリーの乾燥機について注目し、乾燥機を使う際の裏ワザやメリットなどを紹介します。

コインランドリーの乾燥機を上手く使う裏技ってあるの?

布団や大量の洗濯物を洗濯するのに便利なコインランドリー。しかし、自宅での洗濯よりも若干コストがかかるため、利用するのをためらっている方もいるのではないでしょうか?

実はコインランドリーを使う前に知っておくとラッキーな裏技があります。ここではコインランドリーの乾燥機を使う際の4つの裏ワザを紹介します。

コインランドリーを上手く使う裏技

裏技1 布団などサイズの大きい洗濯物の乾燥は途中で裏返す

コインランドリーの乾燥機を使って布団を乾かす際は、途中で布団の裏表を入れ替えるのがおすすめ。裏表を入れ替えることで、布団の中身を均一に乾かすことができます。

例えば、乾燥が完了するまでに500円かかる洗濯物の場合でも、まずは300円で乾燥機を運転させます。乾燥が終了したら布団の裏表を逆にして、再度200円を入れて乾燥をスタート。その後、まだ湿り気などがあれば追加で乾燥させるとムダなコストをかけずに効率よく乾燥できます。

裏技2 全自動洗濯乾燥機+大型乾燥機を使う

全自動洗濯乾燥機で乾燥行程まで進んだ後、サイズの大きな洗濯物の場合は、若干の湿り気が残ることがあります。その際は、全自動洗濯乾燥機から洗濯物を取り出し、大型乾燥機に移して追加乾燥を行います。

ドラムが大きい分、早く乾きふっくらとした仕上がりになるのでおすすめ。洗濯乾燥機の追加乾燥より効果的に乾燥できるのがポイントです。

裏技3 容量に余裕のある大型乾燥機を使う

大型乾燥機はガスバーナーも大きいタイプを搭載しています。そのため、中型の乾燥機に洗濯物を詰め込むよりも、大型乾燥機でゆったり乾燥させるのがおすすめ。早く乾きコストも削減できます!

裏技4 乾燥機は余熱が残っているものを選ぶ

コインランドリーの乾燥機は、余熱が残っている温かいものを選ぶのがおすすめです。すぐに機械が温まり、乾燥も早く終わることができます。

料金や時間は?

コインランドリーの乾燥機を使う際の料金と時間の目安です。

<料金目安>
サイズ小(14Kgの乾燥機):8分で約100円
サイズ大(25kgの乾燥機):6分で約100円

<時間目安>
毛布1枚:約30~40分
毛布2枚:約40~50分

コインランドリーの乾燥機を使うメリット

コインランドリーの乾燥機は、においの吸収による「脱臭効果」、ホコリを取る「ダスター効果」、70度以上の熱風による「殺菌効果」、ふっくらと仕上がる「復元効果」というたくさんのメリットがあります。

例えば、洗濯していない掛け布団や敷き布団などをコインランドリーの乾燥機にかけるだけでも「ニオイや雑菌、ダニ退治」対策などの効果が高まります。

まとめ

コインランドリーの乾燥機を使う際の裏ワザを中心に紹介しました。ライフスタイルの変化により需要が高まりつつあるコインランドリー。

まだ、昔ながらの古い外装を連想される方もいるかと思いますが、驚くほどオシャレできれいな外装のところが増えています。ぜひ、あなたの街のコインランドリーもチェックして利用してみてください。