WASH LIFE

MENU

HOME > お悩み解決 > もう絶対に縮ませない!お気に入りのセーターをうまく洗濯する方法

お悩み解決

2017年3月3日

もう絶対に縮ませない!お気に入りのセーターをうまく洗濯する方法

  • facebook
  • ツイート
  • メールで送る

真冬コーディネートの定番であるセーター。愛用してよく着ていたら、毛玉がついて汚くなった。洗濯したらTシャツみたいに縮んでしまった……。そんな経験が一度はあるはず。

また、襟や袖口など素肌に触れる部分もあるため、気になったときに自分で洗って、気持ちよく着ていたい…と思いませんか?

セーターに使われている素材は、洗濯できても間違えた方法で洗濯すると、縮んでしまいます。今回は、自宅でうまくセーターを洗濯する方法をみていきましょう。

セーターを洗う前に確認すべきこと

まずは「素材」と「絵表示」を確認!

洗濯表示を確認するときは「素材」と「絵表示」を必ず確認しましょう!

【素材に関して】※1
・自宅で洗える代表的な素材
ウール/ポリエステル/綿/ナイロン/アクリルなど

・自宅で洗えない代表的な素材
レーヨン/テンセル/シルク/レーヨン/キュプラなど
※1その他にも、自宅で洗えたり洗えなかったりする素材があります。

【絵表示に関して】
手洗い表示に×がついていなければ、基本的には自宅での洗濯が可能です。しかし、上記のような自宅で洗えない素材が少しでも入っているセーターは、自宅で洗濯しないほうがよいでしょう。

また、注意する点として「単品洗い」を推奨する旨や「タンブラー乾燥」※2を避ける旨が記載されていることがあります。注意点もよく確認した上でセーターを洗濯しましょう。

※2.タンブラー乾燥とは、熱と一緒に衣類を回転させながら乾かす乾燥機のことです。

色落ちするかを確認

特に色鮮やかなセーターの場合は、色落ちするかどうか確認して、色移りするのを防ぎましょう。

【用意するもの】
・白い生地(タオルや不要になったTシャツなど)
・水と洗濯用洗剤

【色落ちテスト方法】
・白い生地に水と洗剤を少し付けて軽く絞る
・上記の布をセーターにあてて軽くたたき、色が落ちるかどうかを確認
※布に色が付いた場合は、色落ちしやすいので、気になる方はクリーニングに出すのをおすすめします。色落ちが少ない場合は、単品洗いでも大丈夫です。

洗剤・柔軟剤・洗濯ネットを用意

セーターを洗濯する際は、中性洗剤を使い柔軟剤も入れるのをおすすめします。また、洗濯ネットに入れてから洗濯槽に入れましょう!

洗濯機で洗う際に注意すること

セーターを裏側にして軽くたたんでから、洗濯ネットに入れる

※汚れている部分が表にくるようにするのがポイント。裏側にすることで衣類がこすれるのを防ぎ、毛玉対策にもなります。

セーターに直接洗剤をつけない

※水を貯めてから中性洗剤・柔軟剤を入れ、その後に衣類を入れるのがポイント!

洗濯モードは「ドライモード」がおすすめ

※セーターのようなデリケートな衣類の洗濯は、優しく短い時間で洗濯することがポイントです。

メーカーによって名称はさまざまですが、共通する機能は「弱い水流」「洗濯槽の動きがゆっくり」「洗濯・脱水時間が短め」など。なるべく繊維の摩擦を少なくし、縮みを防ぐ設定になっています。

乾燥機は基本的にNG

脱水が終わったら、軽くたたきながらセーターについたシワを伸ばします。形を整えたら、陰干しをしましょう。セーターは平干しがおすすめです! 平干しをする台がない場合は、2つ折りをして竿にかけ、セーターの袖が伸びないように干すとよいですよ。

まとめ

セーターの洗濯は、いろいろと注意は必要ですがコツをつかめば大丈夫! 洗濯機で洗える製品や、いわゆるおしゃれ着用の洗剤も出そろっていますので、トライしてみては? お気に入りを長く着られるよう、丁寧にお手入れしていきたいものですね。