WASH LIFE

MENU

HOME > お悩み解決 > ジーンズは洗濯しないほうがいいは迷信? 色落ちを防ぐ方法や洗う頻度

お悩み解決

2017年9月5日

ジーンズは洗濯しないほうがいいは迷信? 色落ちを防ぐ方法や洗う頻度

  • facebook
  • ツイート
  • メールで送る

動きやすくオシャレなファッションアイテムの定番として使えるジーンズ。男女問わず、上品にもラフにも着こなせるので、毎日のように履いている方もいるのではないでしょうか?

ジーンズをよく履く方にとって気になるのが、ジーンズの洗濯方法です。色落ちしないかなど気になるところ。

そこで今回は、ジーンズを洗う際の注意点や手順などを紹介します。

ジーンズを洗濯する際の注意点

1.他の衣類と一緒に洗濯しない

ジーンズに使われている染料は色落ちやすく、他の衣類と洗うと色移りしてしまいます。また、お湯で洗うのもNG。色落ちを避けるために、ジーンズ単独での洗いを心がけましょう。

2.絵表示を確認する

洗濯の絵表示を確認すると、使ってはいけない洗剤の種類などが分かります。洗濯をする前は、洗濯の絵表示を確認しましょう。

3.乾燥機は使わない

ジーンズを乾燥機にかけると縮みや型崩れの原因になるので、乾燥機は避けるのがベター。乾かす際は、脱水も時間をかけずに30秒から1分程度でOKです。

4.すぐに乾かす

ジーンズを洗濯機に入れたまま放置すると、色落ちの原因になります。すすぎや脱水が終わった後は放置せずに、すぐに干すのがジーンズを洗濯する際のポイントです。裏返して、ズボン用のハンガーに干せば、ポケット部分もしっかり乾かすことができます。

色落ちを防ぐジーンズの洗濯方法。「蛍光増白剤不使用の中性洗剤」を使う

手洗いをする場合

用意するもの

・タライなどの容器
・水(適量)
・ジーンズ洗濯用の専用洗剤もしくは、蛍光増白剤不使用の中性洗剤

手洗い手順

▽ジーンズを裏返しにする
▽容器に水と洗剤を入れジーンズを入れ、押し洗いをする
・押し洗いのやり方
手のひらにジーンズを当て、押したり持ち上げたりするのを30回程繰り返す
▽容器の水を入れ替え、洗剤の泡がなくなるまで押し洗いの手順ですすぐ
▽洗濯機で脱水をする
▽ピンチハンガーを使って、ジーンズが筒状になるように日陰干しをする

洗濯機で洗う場合

用意するもの

・蛍光増白剤不使用の中性洗剤
・洗濯用ネット

手洗い手順

▽ジーンズを裏返しにする
▽汚れが目立つ部分を外側にして折りたたみ、洗濯ネットに入れる
▽洗剤とジーンズを洗濯機に入れ、手洗いモードなど優しいコースで洗う
▽すすぎ後、脱水をしてからジーンズ専用のハンガーやピンチハンガーを使って、ジーンズが筒状になるように日陰干しをする

ジーンズを洗濯する頻度は「汚れが気になったら」でOK

色落ちや型崩れしやすいジーンズ。頻繁には洗濯しないという方も多いのではないでしょうか? では、どのタイミングで洗濯したらいいのか……。週に1度など頻繁に洗濯するのは避けたいですが、「汚れが気になってきたとき」に洗濯するのがおすすめです。

「ジーンズは洗わない方がいい」は迷信らしい

実は「ジーンズは洗わない方がいい」というのは、ヴィンテージブームのときに広まった迷信のようなものだとか。

ジーンズは綿素材なので汗や皮脂が残っていると劣化したり、洗わずに着用を続けると繊維が伸びたりして、破れやすくなってしまうこともあります。定期的に正しくお手入れすることが、ジーンズの色落ちを抑えつつ、長く着られるコツです。

まとめ

色落ちや型崩れがしやすいジーンズの洗濯方法。難しいように感じますが、洗剤に気をつけることや乾燥機にはかけないなど、少しのポイントを抑えるだけで長持ちします。お気に入りのジーンズを持っている方は、少し気をつけてみてくださいね。