WASH LIFE

MENU

HOME > お悩み解決 > 外で洗濯物を干せなくても安心を。 衣類を早く乾かす部屋干しのコツ

お悩み解決

2017年5月26日

外で洗濯物を干せなくても安心を。 衣類を早く乾かす部屋干しのコツ

  • facebook
  • ツイート
  • メールで送る

忙しくて自宅にいる時間が少ない方や、ベランダやバルコニーがなくて外干しができない方は、洗濯物を部屋干しすることが多いですよね。また、部屋干しは雨の日や風が強い日にも便利。

でも、洗濯物が早く乾かなかったり嫌なニオイがしたりと、部屋干しならではの悩みも。洗濯物が部屋にあると、部屋がゴチャゴチャして見えるし、せっかく洗濯した衣類が臭いのは残念ですよね。

洗濯した衣類を臭くさせないためには、早く乾かすことが重要。そこで今回は、部屋干しで洗濯物を早く乾かすコツをご紹介します。

部屋干しで洗濯物を早く乾かす干し方

干す場所の環境が大切

部屋干しをする際には、部屋のどこに洗濯物を干すかが重要です。どんな季節でもおすすめなのは、「お風呂」。お風呂は、換気機能が付いているので、換気機能を付ければ洗濯物も乾きやすくなります。

その他、温風の出るエアコンの近くや日の当たる場所もおすすめ(素材によっては、日のあたらない場所がよい衣類もあります)。室温を温かくすると乾きやすいです。ただし、窓のカーテンレールに吊るしている方は注意が必要。

窓際は湿気が多いので、特に雨の日や外の気温が低いときは避けましょう!

また、近くに扇風機を置いて風をあてるとさらによいです。エアコンが苦手という方や夏などは、除湿器をかけるのがおすすめ。

上記を踏まえると部屋干しのコツは、「湿気が少なく、室温が温かく、風があたる」場所で行うことです。

衣類別。部屋干しで洗濯物を早く乾かすコツ

部屋干しと言っても、衣類や素材によって干し方のコツがあります。ここでは、衣類ごとにいくつか干し方のコツをご紹介します。

ジーンズ(パンツ)の場合

ジーンズは、裏側にした状態でウエスト部分を下にして干すのがポイント。ジーンズは色あせしやすいので、日のあたらない場所で風をあてながら部屋干しをしましょう!

また、パンツの足を入れる部分に風が入りやすくするため、ピンチハンガーを使って吊るすのもおすすめ。

Tシャツやワイシャツの場合

シャツなどの薄手の衣類は、太めのハンガーで吊るして、生地をくっつけないようにするのがポイントです。生地の間の風通りをよくすると、部屋干しでも早めに乾かすことができます。

フード付きの衣類の場合

フードが付いているパーカーなどの場合は、フード部分を逆さまにして干しましょう。逆さまにすることで、生地同士がくっついてしまうのを防ぎます。

まとめ

部屋干しの際に、洗濯物を早く乾かすコツをご紹介しました。除湿器や扇風機を使うのはよく知られているかもしれませんが、衣類の種類によっておすすめの干し方が違うことも。

共通している点は生地の間の風通しをよくすること。早速、実践してみてはいかがでしょうか?