WASH LIFE

MENU

HOME > お悩み解決 > セーター(ニット)の洗濯方法について解説。自宅で縮ませない洗濯とは

お悩み解決

2022年5月14日

セーター(ニット)の洗濯方法について解説。自宅で縮ませない洗濯とは

  • facebook
  • ツイート
  • メールで送る

セーターは他の洋服に比べてデリケートなため、自分で洗うと型崩れや縮みが心配になることもあるでしょう。
セーターを洗うコツを覚えておくと、縮ませずに洗うことができます。

これからセーターを洗う方は、洗濯前に確認するポイントや、洗い方の手順を知っておくと役立つでしょう。
また、縮ませないポイントも紹介するので、参考にしてみてください。

自宅で洗濯する前に確認するポイント


セーターを自宅で洗うときは、はじめに洗濯表示を確認しましょう。
洗濯表示を見ると、自宅で洗えるかどうかがわかります。

洗濯表示に桶のマークが付いているものや、桶に手を入れているマークが付いているものは、自宅で洗えるセーターです。反対に、桶に「×」のマークが付いているときは、自宅では洗えないためクリーニングに出しましょう。

自宅で洗えるセーターには、手洗いするものと、洗濯機で洗えるものがあります。桶のマークに手を入れているマークが付いていたら、手洗いしましょう。

自宅でのセーターの洗い方について


セーターを自宅で洗うときは、ダメージの少ない洗い方を知っておくとよいでしょう。
ここでは、洗濯機で洗う方法と、手洗いする方法をそれぞれ紹介します。

セーターを縮ませないポイントも紹介するので、参考にしてみてください。

洗濯機の場合

最初に汚れが気になる部分がある場合は、洗剤を直接つけておきます。
洗濯機でセーターを洗うときは、必ず洗濯ネットを使うようにしましょう。

裏返した状態でたたみ、汚れがある箇所は外側になるようにしてネットに入れます。洗濯ネットを使わないで洗ってしまうと、傷んでしまうこともあるので気をつけましょう。

洗剤はおしゃれ着用洗剤を選ぶと、洗濯のダメージを減らせます。洗濯機に入れたら、弱水流やドライコースなどを選びましょう。
水流の弱いコースを選ぶと、通常よりもやさしく洗うことができます。

洗濯が終わったら脱水を行います。脱水は時間をかけると型崩れの原因にもなるので、1分ほどで大丈夫です。
仕上がりをさらに柔らかくしたいときは、柔軟剤を足すとよいでしょう。

手洗いの場合

洗濯機で洗うときと同じように、汚れた部分がある場合は、洗剤をつけておきます。桶にぬるま湯をためて、おしゃれ着用洗剤を入れてかき混ぜます。

セーターを桶の中に入れたら、優しく押し洗いしましょう。

ぬるま湯が汚れてきたら、すすいでセーターの水気を軽く取ります。
桶の水を変えて、押し洗いとすすぎを何回か繰り返しましょう。

手触りをよくしたい方は、ここで柔軟剤を入れると仕上がりが柔らかくなります。
ダメージが気になるときは、ネットに入れて押し洗いするのもよいでしょう。

最後にきれいな水でセーターをすすいだら、洗濯機で脱水します。

やさしく絞ってからタオルで水気を取り、洗濯ネットに入れましょう。脱水は長すぎるとセーターが傷んでしまうため、1分程度に設定します。

縮ませないためのポイントは?

縮ませずに洗うポイントは、お湯で洗わないことです。ウールのセーターは、お湯で洗うと縮んでしまいます。
また、化学繊維の場合は伸びてしまいます。そのため、30度以下のぬるま湯か水で洗うようにしましょう。

脱水を終えたあとに、セーターが縮んでいることに気づいたら、干す前に形を整えるのがポイントです。
たたんでいたセーターを平らに置き、縮んだ所をやさしく伸ばしましょう。形が戻るように全体を整えてから干すと、セーターの縮みを直せます。

干し方について

水を含んで重くなっているセーターは、ハンガーにかけて干すと伸びてしまうことがあります。また、ハンガーの跡がついて、型崩れを起こす原因にもなります。そのため、干すときは平干しにしましょう。平干しは、服を平らに置いて乾かす方法です。

市販の平干しネットを使うと便利ですが、ないときはピンチハンガーやテーブルの上に置いて乾かすこともできます。

ハンガーにかける乾かし方よりも乾きにくくなるため、通気性のよい場所を選びましょう。

まとめ

セーターを洗うときは、はじめに洗濯表示を確認することが大切です。洗濯機を使って洗う場合は、必ず洗濯ネットに入れて洗いましょう。

また、洗剤はおしゃれ着用洗剤を使うと、デリケートな衣服もやさしく洗えます。ウールのセーターはお湯で洗うと縮んでしまうので、ぬるま湯か水で洗うようにしましょう。
干すときは平干しで、形を整えてから干すのがポイントです。