WASH LIFE

MENU

HOME > お悩み解決 > 洗濯で肌触りは良くできる!洗濯物を柔らかくする方法を解説

お悩み解決

2022年3月7日

洗濯で肌触りは良くできる!洗濯物を柔らかくする方法を解説

  • facebook
  • ツイート
  • メールで送る

「洗濯物が硬く仕上がりがちで困る…」
「洗濯物の肌触りを良くするにはどうしたら良い?」
「なぜ洗濯物が硬く仕上がってしまうの?原因は?」

上記のような疑問や悩みを抱えたことがある方も多いのではないでしょうか。

この記事では、洗濯物が硬く仕上がってしまう原因と対策、洗濯物を柔らかくする方法について解説しています。

ぜひとも参考にしていただけたら幸いです。

洗濯物が硬く仕上がってしまう原因は?


洗濯物が硬く仕上がってしまう原因として、以下の3つが挙げられます。

①洗剤が完全に溶けていない
②洗濯物を長時間干しすぎ
③乾燥機にかけたあと、しばらくそのままにしている

まずはそれぞれの原因を見ていき、次に対策方法を見ていきましょう。

原因について解説!

【原因】①洗剤が完全に溶けていない
洗剤の溶け残りがあると、最後のすすぎの際に繊維が乾いてしまい、洗濯物を柔らかくするのを妨害してしまいます。
すすぎ回数を増やしても逆効果になり、そもそも洗剤が溶け残ってしまうこと自体仕方ありません。
よって、洗剤の投入量は規定量にして、洗剤の溶け残りを最小限に抑えることを意識すると良いでしょう。

【原因】②洗濯物を長時間干しすぎ
夏の時期や冬の乾燥した日に洗濯物を長時間干しっぱなしにすると、水分が減りすぎて繊維が硬くなってしまいます。最終的に洗濯物も硬く仕上がってしまうのです。

【原因】③乾燥機にかけたあと、しばらくそのままにしている
乾燥終了後、置きっぱなしのまま放置していると、乾燥機中の湿気が洗濯物に付着します。湿気が洗濯物に付着してしまうと、肌触りが悪くなり感触が硬くなることがあります。

洗濯物が硬くならないための対策について

【対策】➀洗剤が完全に溶けていない
洗濯に使う水を「ぬるま湯」にしましょう。また寒い時期に水道水・粉末洗剤を使う場合、洗剤をぬるま湯に溶かしてから洗濯機に入れることをおすすめします。

【対策】②洗濯物を長時間干しすぎ
何より夏や冬の乾燥している日は、洗濯物を出しっぱなしにしないことが大切です。特に夏であれば、通常の衣服やタオルなどは3時間程度で乾きます。陰干しをしても良いでしょう。

【対策】③乾燥機にかけたあと、しばらくそのままにしている
乾燥機を使う場合、面倒くさくても乾燥後はすぐに取り出すことを心掛けましょう。
忙しくて手に付かないのであれば、一旦洗濯機をあけて洗濯物を出しておくことが大事です。洗濯物を出すことで湿気を飛ばせます。

洗濯物を柔らかくする方法は?


洗濯物を柔らかくする方法は下記の3つです。

①適切に柔軟剤を使う
②おしゃれ着用洗剤を使う
③洗濯乾燥機を使う

1つずつ見ていきましょう。

➀適切に柔軟剤を使う

洗濯物を柔らかくかつ肌触りよく仕上げるなら、一番は柔軟剤を使うことです。香りに注目されがちな柔軟剤ですが、「柔らかくなめらかな肌触り」にしてくれる効果もあります。

柔軟剤を使うのと使わないのとでは、洗濯物の柔らかさ・肌触りは全く変わってきます。注意点として洗剤は洗剤投入口に、柔軟剤は柔軟剤投入口に入れましょう。

洗濯機に入れる洗濯物の量に関しても、洗濯槽の7割程度が丁度良いでしょう。洗濯物をたくさん詰め込むのは避けた方が無難です。

②おしゃれ着用洗剤を使う

おしゃれ着用洗剤を使えば、柔らかさと肌触りは柔軟剤を使うよりアップします。おしゃれ着用洗剤は柔らかさと肌触りが良くなる上に、色あせ・色落ちやシワ・羽毛立ちなども防ぎながら洗濯できます。

他にも型崩れや色あせ・色落ち、シワや縮みといったダメージを洗濯物に与えません。柔軟剤と組み合わせて使うのも良いでしょう。

おしゃれ着用洗剤を使って洗濯機で洗う際は「おしゃれ着コース」を使うので、覚えておいてください。

③洗濯乾燥機を使う

洗濯乾燥機で強制的に繊維を起こさせるのも1つの手段です。全部を乾燥機に任せても良いですし、脱水後か干し上がり前の30分に乾燥機を使っても、ふんわりと仕上がります。

まとめ

この記事では、洗濯物が硬く仕上がってしまう原因と対策、洗濯物を柔らかくする方法について解説しました。服を着るなら肌触りが良く柔らかい服を着たいですよね。

より自分らしく快適に過ごすためにも、適切な洗濯をして心地よく使えるように心掛けましょう。

この記事が少しでも参考になったなら幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。