WASH LIFE

MENU

HOME > お悩み解決 > ジーンズの洗い方について解説!色落ちや縮みを防ぐ方法は?

お悩み解決

2021年7月7日

ジーンズの洗い方について解説!色落ちや縮みを防ぐ方法は?

  • facebook
  • ツイート
  • メールで送る

Tシャツやカジュアルな格好によく合うので、愛用する人も多いジーンズ。

色の違いやダメージのパターンによって様々な表情をみせることから、何本も持っている人もいると思います。

ジーンズは、洗濯すると色落ちや縮んでしまうとよく聞きますよね。

しかし、洗濯をしないと、ジーンズについた汗や皮脂汚れが放置されることによって劣化に繋がります。

そうならないためにも、ジーンズは洗うことが大切です。
綺麗に長期的に穿くためにもジーンズの洗い方について今回は解説していきます。

ジーンズの洗い方

ジーンズを洗濯することで、必ず洗濯による刺激が加わるので、多少は傷みますし色落ちもしてしまいます。

しかし、洗濯をしないと冒頭でも述べたように汗や皮脂汚れで臭いや劣化につながり、衛生的にもよくありません。

頻繁に洗う必要はありませんが、定期的に洗うようにしましょう。
目安として、季節にもよりますが、5~6回に1回の頻度で洗うようにしましょう。

洗濯方法

1.洗濯する前に、以下を行います。
・ロールアップ部分を伸ばしておく
・ボタンやファスナーは閉める
・裏返しにする
ボタンやファスナーを開けておくと型崩れの原因となってしまいます。

ジーンズを洗う際は、他の洗濯物へ色移りを防止するために、単体で洗うのが望ましいですが、一緒に洗う場合は裏返しにして洗濯しましょう。
裏返しにすることで、色落ちも軽減させることができます。

2.洗剤はおしゃれ着洗い用洗剤を使用しましょう。
アルカリ洗剤は洗浄力が強いため避け、中性洗剤を使用しましょう。
漂白剤や合成洗剤も使用しないようにしましょう。

3.コースは、「ドライコース」もしくは「手洗いコース」で洗うようにしましょう。
長時間の洗濯を避けるため、洗いやすすぎは時短し、脱水は1分程度にする等、調節しましょう。

4.洗濯が完了したら、すぐに干していきましょう。
以下のポイントに注意しながら干しましょう。
・形を整えてシワを伸ばす。
・風通しの良い日陰で干す。
・逆さまにして裏返しで干す。
・筒状にして干す。

ジーンズの色落ちや縮みを軽減する洗濯のポイントについて

ジーンズは洗濯をすることで、色落ちや縮みはどうしてもおこってしまいます。
しかし、洗濯の方法を工夫することで軽減させることはできますので、紹介していきます。

ジーンズ専用洗剤で洗う

ジーンズには、専用の洗濯洗剤があります。
専用洗剤を使用することで、色落ちを防ぎ、パリッと感を出すものや柔らかさを出すものなど、種類も多く存在します。

洗濯ネットを使用する

洗濯ネットを使用することで洗濯機の中での摩擦を軽減でき、色落ちを防ぐことができます。
特にダメージジーンズは加工箇所を広げてしまう恐れがあるのでネットに入れましょう。
ジーンズは裏返しにして洗濯ネットに入れて洗いましょう。

まとめ

今回は、ジーンズの洗い方や色落ちしないためのポイントについて紹介しました。

ジーンズは、様々なシーンで穿けることから、とても重宝するアイテムです。

今回は、色落ちがしないためのポイントを紹介しましたが、何度も穿いて洗濯することで色味が変化して味がでるのもジーンズの魅力だと思います。

自分好みのジーンズになるように上手に洗濯して、長く綺麗に穿きましょう。