WASH LIFE

MENU

HOME > お悩み解決 > トートバッグの洗濯方法。正しく洗ってキレイに使おう

お悩み解決

2018年10月1日

トートバッグの洗濯方法。正しく洗ってキレイに使おう

  • facebook
  • ツイート
  • メールで送る

普段使いのバッグとしてはもちろん、お弁当などを入れるバッグとしても活躍する「トートバッグ」。オシャレで使いやすいのはいいものの、シンプルなカラーや使われている素材などから汚れが目立つバッグでもあります。

そこで今回はキャンパストートバッグを自宅で洗濯する方法をご紹介。普段のお手入れのコツもお伝えするので、ぜひチェックしてみてください。

トートバッグは自宅で洗濯できる?

素材などによっても異なりますが、一般的にナイロンや綿などでできたトートバッグであれば洗濯できます。特にキャンパストートバックは自宅で洗えるモノが大半。お気に入りのキャンパストートバッグを持っている方は、自宅での正しい洗い方をマスターしてみてくださいね。

トートバッグの洗濯方法 手洗いの場合

用意するモノ

・衣類用の中性洗剤
・洗面器などの容器
・タオル
・歯ブラシ

手順

1.洗濯の絵表示を確認し洗えるかどうかを確認する
2.容器に水を張り、中性洗剤を溶かす
3.中性洗剤を溶かした容器にトートバックを入れ、約30分浸け置き洗いをする
4.トートバックを手の平でやさしく押し込み、汚れを出すように押し洗いをする
※汚れが強い場合は歯ブラシなどでこすって洗いましょう。
5.容器の水を入れ替え、押し洗いを同様の手順ですすぐ
6.すすぎ終わったらトートバッグにタオルをあて、水分を取る
7.ある程度水気が取れたら、風通りのよい場所で日陰干しをする
※トートバックを干す前に、シワにならないように軽く叩いたり伸ばしたりしましょう。

トートバッグの洗濯方法 洗濯機の場合

用意するモノ

・衣類用の中性洗剤
・歯ブラシ(目立つ汚れがある場合)
・タオル

手順

1.目立つ汚れがある場合は中性洗剤を直接トートバッグにつけ、ブラシでこする
2.手洗いコースやドライコースなどのやさしいコースで洗う
3.脱水にかけずにタオルで水分を取る

※洗濯機で洗う際に脱水にかけるとシワになる可能性があるため、脱水は控える方がよいです。

トートバッグを干すときのコツ

特にキャンパストートバッグは洗濯をするとシワができやすいので、乾かす際はシワを伸ばしてから干すのが大切。洗濯が終わったらトートバッグを手で叩き、シワを伸ばしましょう。干す際はバッグの開口部分を洗濯バサミで挟み、吊るすようにして干す方法がおすすめ。外で乾かす際は直射日光を避け、風通しのよい日陰で干しましょう。

トートバッグの普段のお手入れ方法

防水スプレーをかける

雨で濡れたり汚れがついたりするのを防ぐために、定期的に防水(撥水)スプレーを吹きかけておくことも大切です。

軽い汚れは消しゴムで落とす

トートバックの持ち手や底などには汚れがつきやすいもの。少し黒ずんできたなと感じたら、消しゴムでこする方法もあります。多少の汚れであれば消しゴムで簡単に落とせるので、ぜひトライしてみてください。

使用後は風通りのよい場所で保管する

トートバッグが雨などに濡れてしまった場合は、中身を取り出し、風通しのよい所で干すか保管するようにしましょう。

アイロンにかける

トートバッグにシワができてしまった場合はアイロンがけで修正することも可能。ただし、モノによってはアイロンがけができないトートバッグもあるので、洗濯の絵表示は必ず確認しましょう。

まとめ

シンプルで使いやすくファッション性も高い「トートバッグ」。できるだけキレイに保って長く使っていたいですよね。洗濯や手洗いをすることはもちろん、防水スプレーをかけたり消しゴムで消したりなど、普段のお手入れも大切です。ぜひ、試してみてください。