WASH LIFE

MENU

HOME > 豆知識 > 汗と涙がしみこんだ、学生服の洗い方とテカリ対策

豆知識

2017年5月2日

汗と涙がしみこんだ、学生服の洗い方とテカリ対策

  • facebook
  • ツイート
  • メールで送る

学生のみなさま、そしてお母さま。毎日着ている制服、どんなお手入れをしていますか?

ワイシャツやブラウスは毎日洗っていても、上着やズボン・スカートのケアはつい後回しになってしまいがち。毎日とはいきませんが、洗えるものはなるべく洗って気持ちよく過ごしたいですね。

最近では家庭用の洗濯機で洗える学生服・制服が増えています。例えば「素材としては優れているものの縮みやすいウール」×「速乾性がありシワになりにくいポリエステル」を混紡した素材の学生服。

欠点を補いつつ、ご家庭でのお洗濯を可能にしました。何はともあれ、まずは洗濯表示タグ(衣類の取扱い絵表示)をチェック。

クリーニングでもよいのですが、「洗濯機でも洗える」ことを知っておいて損はないはず! ということで学生服の洗い方をご紹介しましょう。

学生服・制服の洗い方のポイント

▽洗濯表示タグをチェック

上記は水洗い不可のマーク。ドライクリーニングへ出しましょう。桶に×がついていないものは、表示された温度や強度を守って自宅で洗いましょう。

▽事前の準備を忘れずに
ポケットに何か入っていないかをチェックし、ホコリも出しておきましょう。
襟や袖、シミなど汚れが目立つ部分は、前処理をしておくとスッキリ仕上がります。

▽洗濯ネットとたたみ方

洗濯ネットは必需品。小さくたたむとシワになるので、サイズにあったものを。
・上着  …ボタンを開け、袖を前身ごろに乗せて内側に二つ折りに。
・ズボン …ファスナーを閉じ、汚れがつきやすい箇所を表にして二つ/三つ折り。
・スカート …ひだを整えて、なるべく折らずにネットへ。
※上下は別々の洗濯ネットに入れましょう。1つに入れてしまうと汚れが落ちにくくなります。

▽洗剤はおしゃれ着用・ウール用・ドライ用を
水洗いできるとはいえ、長く着ることを考えて丁寧に扱いたいところ。おしゃれ着用などソフトに洗える洗剤なら安心です。最近ではテカリを押さえる効果があるものも。

▽洗濯~脱水はソフトに
洗濯コースは標準よりもやさしい水流での手洗いコース・ドライコースがよいでしょう。脱水時間は短めにして、余計なシワがつかないようすぐに取り出します。

▽乾燥は自然に
形を整え、風通しのよい日陰でつり干しするのが基本。上着は肩に厚みがあるハンガーに、ボトムはピンチハンガーの外周にウエスト部分を留めて筒状にしておくと、風が通って乾きやすくなります。乾燥機にかけるのはNGです!

ちょっと気になるテカリ対策

ひじやおしり辺りに発生するテカリ。摩擦で繊維が平らに寝た状態になることで光を反射しやすくなり、テカって見えてしまいます。平らに硬くなった繊維を起こせばテカリは消えます。

・たっぷりのスチームでアイロンを浮かせてかける
・歯ブラシなどで毛を起こすようにとかす
・さらに水で薄めた酢で叩いてから低温でアイロンをかけるなどの裏技も

※テカる前にお洗濯すれば、寝た毛が起きてテカリの発生も抑えられますよ。

まとめ

いかがでしたか? ちょっと注意して丁寧にあつかえば、おうちで洗える制服。
通常のお手入れはご家庭の洗濯機で、型崩れを防ぐためにたまにはクリーニングに出すなど、かしこく使い分けて3年間を乗り切りましょう!