WASH LIFE

MENU

HOME > 豆知識 > 大事な情報がそこに!洗濯表示タグの話

豆知識

2017年4月21日

大事な情報がそこに!洗濯表示タグの話

  • facebook
  • ツイート
  • メールで送る

このサイトを訪れるのは、日常的にお洗濯や着るものお手入れに敏感な方たちとお見受けします。そんな皆さまへ質問です。衣類の取扱い絵表示が変更されたことにお気づきでしょうか?

主に左のわき腹あたりにあるタグ。そこに記載されている洗濯表示(取扱い表示)のことです。2016年12月1日に規定が改正され、表示の切り替えが順次進められていたのです!

あなたの服は新旧どちら?

以前は日本独自の規格でしたが、現在では国際規格(ISO)と同じ記号となっています。「手洗イ」「ドライ」などの日本語表記をなくし、文字通り絵表示に統一されました。

洗濯の強弱や温度がより細かく指定されるようになり、記号の種類は22から41種類に。と聞くとちょっと大変そうですが、見方を変えればより素材にあったお手入れができるということ。

すっかり定番になったファストファッション、その反動からか「本当に好きなものは高くても買う。そして長く着る」という考え方。何かと選択肢が多い世の中ですが、せっかく何かの縁で手に入れたのですから、きちんとお手入れして長く着たいものです!

ご自宅やコインランドリーでのお洗濯の参考に、ということで新しくなった絵表示をチェックしてみましょう。

基本記号と不可記号について

まずは基本となる構成です。5つの基本記号に、数字や付加記号を組み合わせて表示します。こちらを基本として、組み合わせで41通りになりました。他にポイントとなる記号を押さえておきましょう。

日常のお手入れに

数字の記載はありませんが、上限温度が定められているので気をつけたい記号はこちら。


液温は40℃を限度とし、手洗いができる


タンブル乾燥処理ができる(排気温度上限80℃)

タンブル乾燥処理ができる(排気温度上限60℃)

タンブル乾燥とは、洗濯物を回転させながら温風で乾燥させる方法のこと。コインランドリーでガス乾燥機を使用する際には、気をつけたい表示ですね。

シンプルながらも手ごわい記号

最初はイメージがつきにくいかもしれませんが、何ごとも慣れていくことが大事。ちなみに線が横になると「平干し」を意味します。

つり干しがよい

日陰のつり干しがよい

ぬれつり干しがよい

日陰のぬれつり干しがよい

 

クリーニング系の記号

こちらはプロに任せましょう。

 

テキスト情報も忘れずに

その他、記号で表せない参考情報はテキストで付記されますので、こちらも注意しておきましょう。例えば「洗濯ネット使用」「タンブル乾燥不可」「あて布使用」「スチームで浮かしアイロン」など。お手入れのポイントが記載されているので、必ずチェックしましょう。

洗濯表示記号一覧

まとめ

グローバル目線の企業では以前から採用していましたが、本格的にはこれから普及していくと思われる新しい絵表示。正しく読み取って、毎日のお手入れにお役立てください!