WASH LIFE

MENU

HOME > 豆知識 > ランドリーバッグとは?選ぶポイント・使い方、おすすめを紹介!

豆知識

2021年12月1日

ランドリーバッグとは?選ぶポイント・使い方、おすすめを紹介!

  • facebook
  • ツイート
  • メールで送る

コインランドリーの需要も高まり、テレビやSNSなどで「ランドリーバッグ」というワードを一度は耳にしたことがある人もいるかと思います。

ランドリーバッグは、洗濯カゴとして使用する用途以外にもコインランドリーへ洗濯物を持っていく際に使用できるなど、持ち運べる洗濯カゴのようなアイテムです。

今回は、今話題のランドリーバッグについて紹介していきます。

ランドリーバッグとは?

ランドリーバッグとは、コインランドリーやクリーニング店に洗濯物を持って行く際に活躍するアイテムで、家庭内でも洗濯カゴとしても使用できるなど用途に富んだアイテムです。

選ぶ際のポイント

ランドリーバッグは、デザイン性やサイズも様々あり、迷ってしまうとおもます。
下記に、ランドリーバッグを選ぶ際のポイントを示しますので参考にしてください。

・折りたたみ式である
・丈夫な生地で、形が崩れにくいもの
・中身が見えることを防止できる口を閉じることができるもの

ランドリーバッグの活用術

ランドリーバッグは、洗濯関連以外にも様々な活用術がありますので、例を紹介します。

・トイレットペーパーやキッチンペーパーなどのストック収納
・自立できるものは、おしゃれなゴミ箱として使用
・観葉植物などの植木鉢として使用
・お菓子や食品のストック収納

おすすめのランドリーバッグを紹介

ランドリーバッグを購入しようか迷っている方におすすめなのが、求められる機能や大きさを兼ね備えたフレディ レック・ウォッシュサロン(https://www.freddy-leck-sein-waschsalon.jp/)のランドリーバッグです。

おすすめポイントを紹介!

・容量の違う2タイプ

10.5kg分入るワイドタイプと、7.5kg分入るトールタイプと2種類用意されています。
1日あたりにでる洗濯物はおよそ1.5kgと言われていますので、それぞれ、7日分と5日分入れることができます。

これからのシーズンお布団など、大きめのお洗濯をする機会が増えても安心な大きめのサイズなのが嬉しいポイントです。

・素材がしっかりしていて自立する

底面が広く、強度がある素材を使用しているので、自立して洗濯物かごとしての利用や出し入れもしやすいのが特徴です。

・軽量で水にももちろん強い素材を使用

ポリエチレン素材を使用しているので軽く丈夫で、水にも強くお手入れもかんたんです。

・中が見えなく、巾着付き

中身が見えなく、開口部分には巾着になっているので中身がこぼれにくく、インナーなども安心して運ぶことができます。
また、外気に触れることもないので清潔に持ち帰ることができます。

・折りたたみ可能

折りたたみも可能なので、使用しないとき折りたたんで場所を取ることがありません。

・外側にポケットがついてる

外側にポケットが付いているので、洗剤や柔軟剤など収納する事もできます。

商品詳細

ランドリーバッグ ワイドタイプ
価格:¥3,520(税込)
サイズ:約W72×D28×H48cm
容量:約60L

ランドリーバッグ トールタイプ
価格:¥3,520(税込)
サイズ:約W60×D23×H55cm
容量:約46L