WASH LIFE

MENU

HOME > 豆知識 > 夜に洗濯したら部屋干しをしよう!外干しが危険な理由は?

豆知識

2021年9月14日

夜に洗濯したら部屋干しをしよう!外干しが危険な理由は?

  • facebook
  • ツイート
  • メールで送る

洗濯といえば太陽の元、長時間干せる朝に行う家事のイメージですが、仕事や生活スタイルの関係で夜に洗濯をする方も多いかと思います。

今回は夜に洗濯物をするメリット・デメリットやその解決策について解説していきます。

夜に洗濯物をするメリット・デメリット

夜に洗濯をするメリット

・汚れをすぐに落とすことができる
夜に洗濯をするメリットして挙げられるのが、1日着た服をその日のうちにすぐに洗濯することで汚れをすぐに落とすことができる点です。

服についた汚れは、放置することで繊維の染み込んだり酸化することで取れにくくなったりしてしまいます。

・紫外線のダメージを防げる
洋服の繊維や着色料は、紫外線によってダメージを受けたり変色する場合があります。
夜に洗濯物を干すことで紫外線からのダメージを防ぐことができます。

・残り湯で節水できる
お風呂に入ったあとに洗濯をすることで、水道代を節約することが出来ます。
朝に洗濯すると、残り湯の雑菌が入浴直後のお湯と比較して繁殖しているので衛生的によくありません。

また、温かいお湯のほうが洗濯用洗剤の働きが高まるとされています。

夜に洗濯をするデメリット

・外干しをすると虫が洗濯物に卵を生む危険性がある
夜に外干しをすると、夜行性の虫が卵を生む危険性があります。
洗濯物は空洞になっている点や湿気がある点から産卵場所として好条件となっています。
夜に洗濯物を干す際は部屋干しをおすすめします。

・騒音問題
集合住宅にお住まいの方で注意すべきなのが、洗濯時の騒音問題です。
トラブルの原因にもなりますので、深夜などの遅い時間は控えるべきでしょう。

・生乾き
夜に外干しをすると、季節や天候にもよりますが、陽の光がないことや湿度や温度の問題から洗濯物が乾きづらいです。

洗濯物を乾かすためのポイントとして、湿度、温度、風が重要です。
夜に洗濯する際は、部屋干しでエアコンや扇風機を使用するなどして乾きやすい環境で干すことが良いでしょう。

夜に洗濯するならコインランドリーがおすすめ

デメリットを上記で上げましたが、コインランドリーを利用することで全て解決することが出来ます。

コインランドリーは、24時間空いている店舗が殆どで、洗濯から乾燥まで行うことが出来ます。
大型機器なので一度に多くの洗濯物を洗濯することができるのも魅力です。

また、コインランドリーの乾燥機は、ガス式タイプなので、一般的な家庭用乾燥機と比較しても10倍のパワーで衣類を乾燥させることが出来ます。

ふっくらとした仕上がりになるのでおすすめです。

まとめ

時間を有効に使えるという理由から、夜洗濯を行う人も多いかと思いますが、気をつけなければ行けないポイントも多くあることを紹介しました。

夜洗濯で外干しは害虫観点から危険です。
部屋干しをおすすめしますが、コインランドリーを利用することで快適に夜洗濯をすることが出来ます。
近所にコインランドリーがある人は、ぜひ、一度利用してみて下さい。