WASH LIFE

MENU

HOME > 豆知識 > 知らないと損をする?最新のおしゃれコインランドリー事情

豆知識

2017年1月25日

知らないと損をする?最新のおしゃれコインランドリー事情

  • facebook
  • ツイート
  • メールで送る

コインランドリーというとどんなイメージをお持ちですか? 狭くて暗くて衛生面が不安…というのはもう過去のもの。今どきのコインランドリーは広くて明るくて清潔なんです!

しかも、さまざまなサービスが登場し、とっても心地よい空間になっています。そこで今回は、できたてホヤホヤのお店をチェックしてみましょう。

Wash・Dry・Fold・Delivery

ご紹介するのは2016年11月、八王子にオープンした「LandryA(ランドリエ)」。次世代コインランドリーを掲げています。外観にも内装にもイメージカラーの赤を効かせた、おしゃれなお店です。

こちらのサイトでもお伝えした「ITランドリーシステム」を導入! 混み具合や運転時間がスマホで確認できます。最新のシステムや設備もさることながら、最大の魅力はスタッフによるきめ細かなサービスの数々でしょう。

その内容は、洗濯の代行や集配・宅配までしてくれるとのこと。至れり尽くせり、看板にもあるように「Wash・Dry・Fold・Delivery」なのです。

洗濯代行・・・特別なものでなく日常の衣類を水洗い。たとえばシャツ、靴下、下着類、ジーンズ、パジャマなど

集配・・・なんと、自宅まで洗濯物を取りに来てくれます。洗濯後は自宅までお届け

宅配・・・さらに、宅配便の利用も可。こちらも洗濯後、自宅まで宅配便でお届け

持ち込み・・・店内に受付カウンターがあり、直接持ち込みもOK。女性スタッフが丁寧に対応してくれます
※正直、自宅で洗濯するのが面倒!でも、人がいないコインランドリーは不安という方にとっては、ありがたいシステムですね。

料金は持ち込みで税抜き1000円から。いずれもランドリー専用のバッグでやりとりします。M/Lの2サイズ展開で1つ目は無料とのこと。…これは、ほしい!

バッグごとに洗濯・乾燥、そして、たたみまでしてくれます! 他人の衣類と混ざることもなく安心です。

近年、日本人のライフスタイルは多様化の傾向にあります。昼間に洗濯ができない、かといって夜間も難しい。スペースや花粉等の問題でベランダに干せない。さらには共稼ぎや高齢者世帯の増加など、家庭の事情もさまざま。

賢く利用することで、ちょっとした家事のストレスから開放されるのも、たまにはよいのではないでしょうか。洗濯物も気分もリフレッシュしましょう。

ランドリエの運営は長年業界に携わってきた企業とのこと。設備やノウハウの蓄積があるので、リーズナブルな価格でこのようなサービスを提供できるのだとか。

まとめ

ランドリー界のエースを目指す「ランドリエ」。サービスのカバー範囲は八王子市と日野市です。こんなお店が自分の街にあったなら…と思わせる素敵なお店です。