WASH LIFE

MENU

HOME > 豆知識 > 安く済まそう。 蓄積されたカーテンの汚れはコインランドリーにお任せ

豆知識

2017年3月3日

安く済まそう。 蓄積されたカーテンの汚れはコインランドリーにお任せ

  • facebook
  • ツイート
  • メールで送る

窓の近くでいつも外やお部屋のホコリから、私たちを守ってくれているカーテン。お部屋のお掃除をする際に、掃除機で軽くホコリを吸うことはあるけど、洗濯することは少ないという方もいるはず。今回は、そんなカーテンをコインランドリーで洗濯する方法をご紹介します。

コインランドリーで洗えるカーテンの種類

ポリエステルもの

しわになりにくく、縮みにくいのがポリエステルのカーテンです。最近のカーテンはポリエステルでできているものが多いので、どのカーテンにしようか迷っている方がいれば、洗濯することも考えて購入を検討するのもよいですね!

その他、アクリルやレーヨン、綿などがありますが、シワや縮みができやすいです。クリーニングか専門店に出して、きれいにするのをおすすめします。また、洗濯機は使用できるのかなどは、絵表示に記載されています。絵表示も確認してから、洗濯しましょう!

カーテンの洗濯にはコインランドリーがおすすめ

窓際の水分や、ホコリを吸っているカーテン。衣類よりもサイズが大きく、洗う回数が少ないので、見た目よりも汚れていることも多いです。そのため、洗濯機を1回かけるだけでは汚れが落ちないことも……。そんなときは、自宅の洗濯機よりも洗浄力のある「コインランドリー」の洗濯機を使うのがおすすめ!

コインランドリーには、洗濯槽が大きい洗濯機があるので、大きなカーテンでも1回できれいに洗濯できます。洗濯容量の大きな10kg タイプの洗濯機を使用しても、約500円で脱水まで可能! 時間は約40分あればOK。クリーニングに出すと1000円以上はするので経済的にもお得ですね。

では、実際にカーテンを洗濯機で洗う際の手順を確認していきましょう!

カーテンを洗濯機で洗う前に確認すること

乾燥機は使わない

カーテンを洗濯する際に、乾燥機にかけると縮みやすいので乾燥機を使うのは控えましょう! 特に、コインランドリーの乾燥機は乾燥威力が強いので、乾燥機を使うのはおすすめできません。

カーテン単独で洗う

コインランドリーにある洗濯機は、ダウンジャケットなど他の衣類も一緒に洗えるものもありますが、カーテンには汚れが溜まっています。カーテンは他の衣類とは別にして、単独で洗いましょう!

カーテンフックを外す

カーテンフックを外したついでに、フックやカーテンレールの掃除をするとよいかも。

カーテンを洗濯ネットに入れる

カーテンは、軽く折りたたんで大きめの洗濯ネットに入れましょう。

いざ、洗濯機へ。カーテンを洗濯する手順

▽手洗いコースを選択(40℃以下の水で洗いましょう)
▽きちんとすすぐ
▽軽めに脱水(1分程度が理想)

カーテンを洗濯した後は、カーテンレールに戻して吊るし、自然乾燥させるのがおすすめです。その際、床が濡れてしまわないように、床にタオルなどを敷きましょう。
※カーテンを屋外で干す際は、直射日光を避け、日陰で干すのが大切です。

まとめ

カーテンの洗濯なんて、したことない……。という方もいるのではないでしょうか。でも、実はすごく汚れが溜まっているかもしれません。自宅の洗濯機で洗うのが不安な方は、ぜひコインランドリーを活用してみてくださいね。